ストーリーの面白さにも関わる、出会いについて考えてみましょう。

MENU

出会いのシチュエーションは重要な要素

 

恋愛ドラマで重要になってくるのは出会いです。
主人公とヒロインの出会いが印象的であるほど、その後の展開が面白くなります。

 

現実世界ではありえない。
そう思ってしまいがちな恋愛ドラマの出会いシチュエーションもテレビ画面を通してみると不思議と世界に引き込まれてしまいます。

 

様々なシチュエーション

 

女子高生

恋愛ドラマで多いのが、最初に通勤・通学途中でトラブルになった主人公とヒロインが後になって再開することです。

 

 

昔の恋愛ドラマではパンを咥えて走っている遅刻しそうな女子学生がイケメンの転校生とぶつかり、一目ぼれをしてしまう。
そんな事をクラスメイトの女の子たちと話していると、その男子生徒が自分のクラスに転校してきた。
女の子に限らず、男の子でも憧れるシチュエーションですね。

 

こうした展開は恋愛ドラマの王道です。
主人公とヒロインが物語の序盤で出会い、ケンカになったり、一緒に悪者を退治したり、協力してその場を切り抜けたり。
何もないところから突然始まる恋愛物語。
1つの王道として形を変えて人気を集めています。

 

 

 

ほかにも出会いはあります。
昔好きだった男性との偶然の再開です。

 

近所に住んでいた幼馴染や小学校の初恋の男の子。
転校や進学とともに疎遠になった彼がイケメンになった仕事先でさっそうと登場してきた。

こういう展開も女の子に人気を集めています。

 

子供だった彼と今のかっこいい彼とのギャップに嬉しくなったり、悲しくなったりする。
また、疎遠になっていた頃に抱えてしまった彼の心の闇を解消してあげる。
こういう展開が予想できるのも面白いですね。

 

 

 

恋愛ドラマの出会いに関するシチュエーションはいろいろあります。
不良に絡まれていたヒロインを助けたり、一緒の本を偶然選んだり、委員会やグループに強制的に加入させられたり。
こういう展開が恋愛ドラマの出会いでは多いようです。

 

恋愛ドラマの出会いは、現実的に無いのについついありそうと考えてしまう事。
ドラマだけの話と分かっていても、こういう展開を頭の中で想像するのは楽しいですね。